結婚式の服装マナー【男性編】〜立場・シーン別のスーツの選び方・着こなしを徹底解説!〜

結婚式や結婚式の二次会、披露宴での男性の服装は、立場やシーン、新郎新婦との間柄によってさまざま。また、それぞれに着こなしのマナーやルールがあるので、「シャツの柄やデザインは?」「ネクタイの色は?」「靴は?」、そもそも「どんな服装で行けばいいの?」と迷うことも多いかもしれません。そこでそんなフォーマルウェア・礼服にまつわる疑問や不安を、スーツレンタルサービス「hare:kari」のプロフェッショナルが詳しく解説!一般ゲストが着用する「パーティースーツ」、主賓から一般ゲストまで幅広く着られる「タキシード」、新郎新婦の父親が着ることが多い「モーニング」の3つを中心に、選び方のポイントや注意点、基本のマナーをご紹介します!

【パーティースーツ】
いつものビジネススーツより華やかなスタイルを

フォーマルスーツの中では「略礼装(平服)」と呼ばれ、結婚式や結婚パーティー、披露宴のほか、二次会など、幅広いシーンで活躍するスタイル。色、柄、デザインなどにこだわることで、いつものビジネススーツよりもフォーマル度を高められ、華やかにお祝いの気持ちを伝えられます。そんなパーティースーツの基本と、おすすめのスタイルはこちら。気になるトピックが満載です。

パーティースーツ の基本マナーと
おすすめスタイルを紹介

hare:kariの
パーティースーツ レンタルTOPへ

【タキシード】
いつものスーツよりもドレッシー、洗練した印象に

結婚式では新郎や新郎新婦の父親、主賓が着ることが多いタキシードですが、ゲストだって着用OK。正式には夜の準礼服とされていますが、最近は正・準礼装を兼ねることが多く、昼間の着用も広がってきました。そんなタキシードのマナーや着こなしのルールを徹底解説。基本をしっかり押さえながら、非日常の装いを楽しみましょう!

タキシード の基本マナーと
おすすめスタイルを紹介

hare:kariの
タキシード レンタルTOPへ

【モーニング】
男性のフォーマルスタイルの中でも最上級の正装

結婚式の新郎、新郎新婦の父親、式典やセレモニーでの主催者や主賓などが着用するモーニングは、男性のフォーマルスタイルの中でも最上級の正装とされるもののひとつ。それゆえに、着こなしにも品格が求められ、普段慣れ親しんでいるビジネススーツとは違ったルールやマナーが数多く存在します。そんなモーニングの基本をわかりやすく解説。大切な一日の着こなしに、どうぞお役立てください。

モーニング の基本マナーと
おすすめスタイルを紹介

hare:kariの
モーニング レンタルTOPへ

関連記事