セレモニースーツの服装マナー【母親(ママ)編】~入園・入学式、卒園・卒業式の服装をもっと楽しもう!~

入園・入学式、卒園・卒業式、お宮参りや七五三は、可愛い子どもたちにとって成長の節目であると同時に、一生に一度のハレ舞台。写真に残して、何度も振り返ることになる記念日だから、母親だってとびきり素敵にお祝いをしてあげたいですね。そこで、そんなハレの日に着るセレモニースーツの服装マナーや、おすすめのコーディネートをご紹介。
ピックアップしたおすすめスーツは、hare:kariで気軽にレンタルが可能です。気になったアイテムは、ぜひ公式サイトでご予約を!

知っておきたいセレモニースーツのマナー

ジャケット、スカートから小物、アクセサリーまで。入園・入学式、卒園・卒業式、お宮参りや七五三で素敵な母親になるための基本の着こなしをチェック!

  • ■ ジャケットの定番は「ツイード」や「ノーカラー」

    セレモニースーツのジャケットに迷ったときは、定番の「ツイード」や「ノーカラー」のジャケットを選ぶと間違いなし。華やかな素材感のあるツイードは、入園・入学式、卒園・卒業式をはじめ、幅広いセレモニーシーンで選ばれる人気素材です。

  • ■スカートは短すぎない膝丈で

    入園・入学式や卒園・卒業式での式場、神社で祈祷を待つ控え室など、何かと椅子に座る場面は多いもの。スカートの長さは、着席時にも膝が隠れるくらいのものを選ぶようにしましょう。また、動きやすく軽快な印象を与えるパンツスタイルも人気が出てきています。

  • ■ヒールのあるパンプスが基本

    セレモニースーツを着る日には、足元のオシャレも抜かりなく。ベージュのストッキングを着用し、ヒールの高さが3~5cm程度のパンプスを合わせましょう。ちなみにマタニティママや小さなお子さんがいるママは、ヒールがなくても大丈夫。セレモニースーツに似合う、落ち着いた印象のパンプスをコーディネートしてハレの一日を安全に楽しみましょう。

  • ■小さめサイズのバッグがおすすめ

    コーディネートのアクセントにもなるバッグは、何を選ぶか腕の見せ所。派手な装飾があしらわれたものなど、厳粛な場の雰囲気に馴染まないパーティーバッグは避け、上品な印象を演出できるものを選びましょう。サイズは小さめが基本。お財布やスマートフォン、ハンカチなど、最低限のアイテムが入る大きさがおすすめです。

  • ■アクセサリーは「上品」を意識

    セレモニーシーンでのアクセサリーは上品なホワイトパールや、控えめな宝石などがおすすめ弔事を思わせるブラックパール、輝きが強すぎるアクセサリーは控えるようにしましょう。胸元を華やかにするコサージュやブローチは、喜びの気持ちを表すアイテム。スーツに合わせて素敵にコーディネートを!

シーン別!おすすめセレモニースーツ

「スーツと言っても、種類がたくさん。どれを選べばいいのかわからない!」と頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。そこでシーン別におすすめのセレモニースーツをピックアップ。マナーや着こなしのポイントと合わせて、ぜひチェックを!

  • ■入園・入学式

    お祝いの気持ちにあふれた入園・入学式は、母親のコーディネートも明るいカラーで。アイボリーやライトグレーなどの、淡く明るいカラーが人気です

  • ■卒園・卒業式

    お祝いだけでなく、別れの場でもある卒園・卒業式は、シックな色を基本に。もちろん、弔事のようなブラックスタイルはNG。黒、紺、グレーを中心に、オシャレを楽しみましょう!

  • ■お宮参り・七五三

    写真に残して何度だって振り返りたいから、写真映えのするセレモニースーツを選ぶのがポイント。フェミニンなデザインのスーツにすれば、優しい母親の雰囲気を演出できます。

セレモニースーツはレンタルが便利!

デイリーに活躍するものではないけれど、一生に一度というわけでもない。そんなセレモニースーツは、ついつい購入に戸惑いを感じてしまうもの。そこでおすすめなのが、セレモニースーツのレンタルサービスです。セレモニーの機会があるたびにスマートフォンでサッとオーダー、クリーニングや保管の手間も要らず、マナーを押さえたスーツが手元に届くという安心感も魅力。写真に残ることが多いから、「いつも同じ」を避けられるのも嬉しいですね!

まとめ

入園・入学式、卒園・卒業式、お宮参りや七五三は、大好きな子どもたちのハレ舞台。目一杯オシャレをしてお祝いしたいけれど、周りの母親の目も気になりますよね。大切なのは、上品さや、その場に相応しい着こなしかどうか。マナーを押さえたスーツが手元に届くレンタルも選択肢に入れながら、素敵な一着で記念日をお祝いしてくださいね!

関連記事